HOME

全国規模では唯一の、 膵臓がん患者と家族、遺族の集まりの場です。

第21回『膵臓がん患者と家族の集い』を開催します。

2020年3月15日(日) 13:10~16:30
開場(12:50)ごろ

会場:JR京浜東北線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室

  • 講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療〜外科医の立場から〜
  • 患者・家族・遺族の情報交換会​

参加申込み受付中です。

『膵臓がん患者と家族の集い』設立の趣旨

『膵臓がん患者と家族の集い』は会員制の組織ではありません。その都度、自由に参加し、交流していただけます。

がん罹患数予測に寄れば、毎年39,800人の方が、膵臓がんになると予測されています。(2017年)そしてその数は徐々に増えています。

そして膵臓がんの年間死亡数予測は、34,100人です。罹患数の86%もが亡くなっています。膵臓がんが「がんの王様」と言われる所以です。

しかし、年間の全てのがんの罹患数が約100万人ですので、膵臓がん患者は4%にしか過ぎません。

そのため、乳がんなどのように、同病の方に会う機会も少ないし、患者どうしが集まる場もほとんどありません。

  • 膵臓がんだと言われたが、どのように情報を集めれば良いのでしょうか
  • 近くに膵臓がん患者もいないので、話のできる機会がない
  • 「もう治療法はない」と言われたが、本当でしょうか?
  • 抗がん剤の副作用対策、みなさんどうしてる?
  • 主治医とのコミュニケーションが取れず、関係がよくありません
  • 知人から代替療法を勧められているが、効果はあるのでしょうか
  • 家族は患者にどのように接すれば良いのでしょうか
  • 仕事もできなくなり、家計がたいへんです
  • 遺された家族の想いを聞いて欲しい

このような悩みは、病院ではなかなか話しずらいし、主治医の先生も忙しそうで、言い出せません。しかし、患者や患者を抱えている家族どうしでなら、忌憚なく話すことができます。

そうした悩みを抱えている、膵臓がん患者と家族・遺族の方が集まる、情報交換とくつろぎの場を設けたいとの考えで開催いたします。

​「患者会に参加したこともないし、どんな雰囲気なのか不安?」という方。

大丈夫ですよ。初対面の患者や家族同士、5分も経たないあいだに旧友のように打ち解けて歓談しています。

みなさまのご参加をお待ちしております。

運営サポーター:一同 

参加資格

膵臓がん患者と家族、遺族

「膵臓がん患者と家族の集い」は事前登録制です。「集いでの約束」ページを読んで同意の上お申し込みください。

注意

次の方の参加はお断りします。

  • 反社会的勢力の構成員
  • 特定の治療法や医療機関の関係者で、その宣伝活動を主目的とする者

最近のお知らせ

押川先生の講演動画が公開されました。

YouTubeに、第20回『膵臓がん患者と家族の集い』で講演された、押川勝太郎先生の動画が公開されています。 約1時間の講演を、前編と後編に分けてアップされています。 膵 ...
続きを読む
/ お知らせ

「集い」をブログで紹介された方

押川勝太郎先生の講演のあった第20回『膵臓がん患者と家族の集い』、参加者された方がブログで紹介されているので、ご紹介します。 ココクン https://ameblo.jp ...
続きを読む
/ お知らせ

『膵臓がん患者と家族の集い』押川先生の講演は盛況でした。

18日の題20回『膵臓がん患者と家族の集い』が盛況で終わりました。 あいにくと天気予報が外れて雨から雪混じりになり、寒い一日でした。 大田区産業プラザPIOは初めて使う会 ...
続きを読む
/ お知らせ
引っ越ししました。

サイトを引っ越してきました。

ご挨拶 新しいサイトでもよろしくお願いいたします。 これまでのサイトは、無料のWixを使っていましたが、ページ数が増えるに従いアクセスが遅くなるなどのデメリットが出てきた ...
続きを読む
/ お知らせ
タイトルとURLをコピーしました